MBA

新着記事
【1分要約】 罰ゲーム化する管理職 バグだらけの職場の修正法 小林 祐児 著
スキル重視から脱却し、人間性やセンスを重視するコンサルティングの推進
【1分要約】とにかくメンタル強くしたいんですが、どうしたらいいですか?下園 壮太 著
【1分要約】1億円貯める方法をお金持ち1371人に聞きました トマス・J・スタンリー 著
【1分要約】橘玲 著 不条理な会社人生から自由になる方法 働き方2.0vs4.0
【1分要約】運の方程式 チャンスを引き寄せ結果に結びつける科学的な方法 鈴木祐 著
【1分要約】メンタル脳 アンデシュ・ハンセン 著
【1分要約】道をひらく 松下 幸之助の教え
【1分要約】死ぬときに後悔すること25 大津秀一 著
【1分要約】 限りある時間の使い方 オリバー・バークマン 著 
【1分要約】デンマーク人はなぜ4時に帰っても成果を出せるのか 針貝有佳 著
【1分要約】科学的根拠に基づく最高の勉強法 安川康介 著
【要約】『限界突破のためには、自分を疑い「枠」から離れよう』②~石川善樹×栗城史多×為末大~
【3分要約】メタ思考~「頭のいい人」の思考法を身につける 澤円 著
【要約】『限界突破のためには、自分を疑い「枠」から離れよう』~石川善樹×栗城史多×為末大~
【1分要約】『インターネット黎明期に起業し成功』【堀江貴文】世の中の社長たちが語らないこと…企業に身を置く事の残酷な真実
【1分要約】がんばらないことをがんばるって決めた。考えるOL 著
【1分要約】もしあと1年で人生が終わるとしたら? 小澤竹俊 著
【1分要約】ウォーミングアップの考え方と試合前の過ごし方 為末大学
【1分要約】「やりたいこと」も「やるべきこと」も全部できる! 続ける思考 井上新八 著
【1分要約】為末大学「試合前の不安とどう向き合えばよいのか?」
【1分要約】人は聞き方が9割 松永 茂久 著
【1分要約】「普通がいい」という病 泉谷 閑示 著
営業の「聴く技術」SPIN 古淵 元龍 / 大堀 滋 著
【1分要約】雑談の一流、二流、三流 桐生 稔 著
【1分要約】Sales is 科学的に成果をコントロールする営業術 今井 晶也 著
【1分要約】説明の一流、二流、三流 桐生 稔 著
【1分要約】シン・営業力 天野慎也 著
【1分要約】小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ 水島広子 著
「また会いたい」と思われる人「二度目はない」と思われる人 中谷彰宏 著
【1分要約】自信がある人がどんどん強くなるのは、なぜでしょうか? 為末大学
【1分要約】降伏論 「できない自分」を受け入れる 高森 勇旗 著
【1分要約】ドイツ人はなぜ、年290万円でも生活が「豊か」なのか 熊谷徹 著
【1分要約】仕事は楽しいかね?デイル・ドーテン著
【1分要約】 楽しめないのは何が原因ですか? -為末大学-
【1分要約】THE POWER OF REGRET 振り返るからこそ、前に進める ダニエル・ピンク/池村千秋 著
【1分要約】脳の名医が教える すごい自己肯定感 加藤俊徳 著
【1分要約】スタンフォードのストレスを力に変える教科書 ケリー・マクゴニガル著
【1分要約】全米トップ校が教える自己肯定感の育て方 星友啓 著
【1分要約】熟達論 為末 大 著
【1分要約】失敗の科学 マシュー・サイド 著
【1分要約】ジェームズ・クリアー式 複利で伸びる1つの習慣 ジェームズ・クリアー 著
【1分要約】自分を変える方法――いやでも体が動いてしまうとてつもなく強力な行動科学 ケイティ・ミルクマン 著
【感想/レビュー】『憧れの罠に注意する』 為末大 動画
【1分要約】ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために ドリー・クラーク 著
【1分要約】悪魔を出し抜け! ナポレオン・ヒル 著
【1分要約】世界一流エンジニアの思考法 牛尾 剛 著
【1分要約】GRATITUDE 毎日を好転させる感謝の習慣 スコット・アラン 著
【1分要約】QUITTING やめる力 最良の人生戦略 ジュリア・ケラー 著
【1分要約】「メンタル弱い」が一瞬で変わる本 片田智也 著
【1分要約】はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な法 本田晃一 著
【1分要約】僕はゲームのように生きることにした。本田 晃一 著
【1分要約】「人生が充実する」時間のつかい方 UCLAのMBA教授が教える“いつも時間に追われる自分”をやめるメソッド *キャシー・ホームズ著
【1分要約】人は話し方が9割 松永茂久 著
【1分要約】人生をガラリと変える「帰宅後ルーティン」 リュ・ハンビン著
【1分要約】ジェイソン流お金の稼ぎ方
『金持ち父さん貧乏父さん』からの学び
仕事が上手くいかない理由
省エネの方が人生上手くいった

「MBAは意味があるのか?」
こんな質問をいただきます。
莫大なお金がかかるのでは?時間がかかるのではないか?普段の仕事に活かせないのでは?などの疑問を浮かべる方もいらっしゃると思います。
まずは疑問点の具体化をし、MBAの必要性を考えていきます。

 

MBAはどれくらいのお金がかかる?

MBAは国内/海外、パートタイム/フルタイムによって、かかるお金や時間が異なります。
学校によっても大きく異なりますが、おおよそ以下の表の通りとなります。

210720_Cnote_column_detail01.jpg

多くの費用がかかると感じる方も多いと思います。
しかし、現代は「VUCAの時代」「人生100年時代」と言われています。
ベストセラー『LIFE SHIFT』で、著者リンダグラットン氏はキャリア途中での学びなおしの重要性を問いています。
何も能力開発をせず、終身雇用で65歳まで同じ会社で勤務することが難しい時代になりました。
さらに、今後は80歳までは働く必要があるとも言われています。
一定期間、能力開発の時間を確保することが必要です。
日本でも学びなおしの機運は高まっており、国の制度として教育訓練給付金が拡充されています。
実際にグロービス経営大学院の本科生のおよそ8割の方がこの制度を利用し、2年間で最大112万円の給付金を受給しています。
参考にグロービス経営大学院のパートタイムで学ぶ場合は、学費が2年間で約300万円(教育訓練給付金受給で190万円)です。
また、卒業後に7割以上の方が年収が増額しているというアンケート結果もあります(※アンケートの詳細はこちら)。

MBA取得はどれくらいの時間がかかる?

人によって大きく差はありますが、フルタイムMBAの場合30時間/週、パートタイムMBAの場合10~15時間/週に勉強しています。
グロービス経営大学院の本科生は週に1,2回3時間のクラス受講に加えて、予習・復習として約7~10時間/週が必要になります(※詳細はこちら)。
社会人の平均勉強時間が6分しかないと言われる中(※参考)、多くの時間がかかると感じられる方も多いと思います。
しかし、だからこそ、その分だけ周囲と圧倒的な差をつくのです。

普段の仕事に活かせるか?

MBAと聞くと、経営に携わる人だけが活用できる敷居の高い学びと考える人も多くいますが、実は身近で活用できる場面がたくさんあります。
MBAは「ヒト・モノ・カネ・情報」という資源をどのように活用するかを総合的に考えるトレーニングをするのですが、具体的なイメージを持ちづらいのも事実です。
ここでは、実務で活用するシーンをイメージしてみましょう。

例①:施策を推進したいが、チームメンバーのAさんが思ったように動いてくれない

施策の意味づけ、褒める、叱るなど、自分の過去の経験をヒントに試行錯誤してコミュニケーションを取っているものの、上手くいかない経験は誰しも少なからずあります。
人のモチベーションを高めることにも仕組みがあります。
組織の目標に対して、環境要因やAさんの特性(自律性、経験、能力など)を鑑みて、自分のリーダーシップスタイルを選択する手法をMBA(組織論、リーダーシップ等)では学びます。
仕組みを学ぶことで、時には指示型で丁寧にフォローし、時には達成指向型である程度は任せるなど柔軟に行動を変えることができます。

例②:自分の意見が上司のBさんに通らない

「せっかく考えた企画や意見が上司に理解されずに前に進まない。自分なりに一生懸命考えたつもりだが、重要な観点が抜けている気がする。」
上司と自分とでは経験の差があるため、指摘を受けるのは当然のことです。
では、上司と自分の経験の差から生じる目線の違いは何でしょうか。
視座の高さ(長期的な視点)と視野の広さ(幅広い視点)に分解すると、会社の中期経営計画と合致していない、自部門のことだけを考えて部分最適(資金繰りや開発の観点が抜けている等)になっているなど気づきを得る場合があります。MBAではそれぞれの視点を得る科目が多くあります。
例えば、外部環境分析の手法を学ぶことで、自社のいる業界での勝ちパターンやそれに紐づく戦略を理解することができます。
特に、目の前の仕事に忙殺されていると感じる人は落ち着いて立ち止まるきっかけになるかと思います。

MBAを学ぶメリット

ここまで、MBAに関する疑問について具体的に考えてきました。
続いて実際に受講した方が感じるメリットについて紹介します。

問題に対して、多面的な解決策を考えることができる

目の前で上手くいかなかった時に、ぐるぐると思考して悩むのではなく、いくつかの切り口を当てはめて考えて取組むことができます。

生涯の仲間ができる

ともに学ぶ仲間は何物にも代えがたい財産になります。
困ったときに悩みを聞いてくれる、助けてくれる、人を紹介してくれるなど、自分が得た能力以上に効力を発揮する場面が多々あります。

自分のキャリアの方向性が見つかる

カリキュラムにもよりますが、将来のキャリア教育を行う学校もあります。
将来自分はどうしたいのか?など漠然と不安を感じる人も多いです。
キャリアの考え方を学ぶことで、将来の方向性を定め、今まで以上に前のめりに仕事に取組む人もたくさんいらっしゃいます。

タイムマネジメント力と勉強する習慣が身につく

仕事とプライベートの合間で学ぶため、自然とスケジュールの視える化や時短ツールなどを活用し、タイムマネジメントスキルが向上する人は多いです。
また、2年間勉強をし続けることで、卒業後も勉強する習慣を続け様々な分野を学ぶことができます。

あらためてMBAは意味がないのか?

MBAの中身を具体的に考えてきました。
結論として、MBAを意味あるものにできるかは人によるのだと思います。
ただ、「まだ具体的に将来的にやりたい仕事は明確にはなっていないけど、やりたいことが明確になった時に、それを実現できる考え方や人を巻き込みながら進めていく実行力を身に着けておきたい」という方にとっては、実力をつけられるMBAであれば、大きな武器になるはずです。
汎用的なMBAを修了すること自体に大きな意味はなく、学んだ知恵をどのように実務で活かすかが重要です。
先行きが不透明な中、何か能力開発をしようと考えた時に、具体的に活用するイメージを持って取組んでいただければと思います。
前向きに取組む読者の皆さんの参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました